信用情報の更新、開示請求

ローンの審査には、金融機関同士で広く共有する信用情報というものが大きな役割を担っています。

この情報に現在の借入情報や過去の滞納などの事故情報もすべてのっていて、金融機関はこれをもとにローン申込者の状態を把握することになります。

申込者本人も信用情報機関に申請すると、自分の情報を見ることが可能です。

過去に滞納の経験があり事故情報として載っていても、何年かたつと消してもらえるので今は載っていないかもしれません。それが確認できたら、ローンの審査が通らないと思い込んでいたのが間違いだとわかります。

また、情報の更新はリアルタイムで行われるとは限らないので、少し遅れる(〜2ヶ月)と考えておいた方が良いでしょう。
つまり、借金を完済した後でも、直後は支払いが終わっていないと見なされる可能性が高いのです。

おまとめの前に、一部を完済し件数を減らした人は特に気を付けましょう。
こういう確認のために情報開示請求をするのもいいと思います。

また、完済後に過払い返金請求をする人も信用情報で完済みになっているかを確認できます。

情報開示は必ず必要なものではありませんが、不安な人は利用してみてください。

目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方