自転車操業でも大丈夫

すでに、返済額のほとんどが利子になっていたり、まして、それを返済するために新たに借金をしているような自転車操業の状態でも、おまとめローンが利用できるケースはあります。

まず、元金を減らせないとか、自転車操業ということ自体が、そのまま放置しておくことではありません。

たとえ1、2件のローンでも、このような人は、一刻も早く手を打つことを考える必要があります。(むしろ、1、2件のうちに手を打たなければ手遅れになる可能性が高くなります)

自転車操業でも借り入れ額が比較的低く、借入先も多くなければおまとめローンの審査に通ります。

もちろん、大事な条件は安定した収入があることです。

このような人がおまとめローンをすると、返済額を減らすには効果は大きいです。

また、借入先をひとつにできることも、心理的な負担を減らすのに役立ちます。

目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方

おすすめビジネスローン
最大限度額500万円で、
月々の返済は3000円から可能!
楽天銀行 スーパーローン
  • ビジネスローン一覧
  • 銀行ローンの5つのメリット

総合ランキング

目的

設立年数別運転資金の融資

有担保・無担保で探す

融資の種類で探す

おまとめローンのタイミング

借金の理由とおまとめのタイミング

おまとめをすると決めたら

過払い返金と信用情報

審査に通っても

ローン会社一覧

リンク集

注目の情報

みずほ銀行カードローン